ボクシングできれいな体づくり

 

ミット

■トレーニングメニュー
大体のボクシングジムの選手たちが行う練習内容は縄跳び、シャドーボクシング、サンドバッグのような流れで行っています。
通常ボクシングの試合は1ラウンドが3分という時間で試合していますのでジムでは3分でブザーなる設定がされています。
そのブザーの合図で3分集中して練習をします。上記のトレーニングメニューを選手たちの練習量より減らせば、ダイエットや運動不足の解消になります。

■バランス良い体
練習、筋トレはしたいけど筋肉ムキムキにはなりたくないという人は多いです。ですがちょうど良い筋肉をつけることがダイエットやきれいな体づくりにつながっていきます。
ボクサーは筋肉ムキムキというより細くてバランスが良い体です。筋肉ムキムキのボディビルダーは筋肉を大きくするための無酸素運動が主なトレーニングです。
対してボクサーの場合は無酸素運動も行いますが、フットワークなどの動きまわる、長時間の有酸素運動も行います。
両方やるので非常に疲れますが、筋肉ムキムキというよりはバランスがいい体になります。

■ボクシングが作るきれいな体
最初のころの練習量は少なめで慣れてくると徐々に増やしていき、選手と同じ練習量かそれ以上行っても大丈夫だと考えられます。
その理由は試合のような練習を除いては、ボクシングの練習はきれいな体を作るために適切だと思われるからです。
ボクシングを始めた理由がダイエット目的で、体重が落ちるためだけではなくてボクシングの練習を通してきれいな体作りができたら一番良いでしょう。

■ケガに気をつけろ
ボクシングのトレーニングをするうえで注意しておきたいのがケガです。ボクシングというのは試合を見てわかるように相手にパンチをする、相手からパンチをもらうといったスポーツです。試合などを行うとケガをするでしょう。
ですが、試合以外の練習でも慣れていないうちはケガをする可能性が大きいです。
慣れないうちにサンドバッグを体を気遣わずずっと叩いていたら、拳が打撲していたり傷ができていたりとなってしまう場合があります。
それだけではなく肘や肩といった関節も痛めてしまう場合もあるのです。
そういったケガで休んでしまうとダイエットの効率も悪くなってしまいます。なので初めの頃は慣れるまでケガに気をつけながらトレーニングをしましょう。

トテキスト

ジム選びのポイント

ベルト

■ボクシングジムに通う
「筋トレやダイエットのためにボクシングジムに通いたい。でもどこのジムへ通えばいいのだろう。」と悩む人もいると思います。
ボクシングジムを選ぶ際は、「プロの選手になる」「ダイエットのためにやる」などの目的に応じて適切なジム選びをしましょう。

■ジム選び
「プロのボクサー選手になる」「ダイエットのためにボクシング」という目的のために共通したボクシングジムを選ぶポイントは「通いやすさ」ということです。
良い条件なのは自分の通勤する道や家の近くなどにあるボクシングジムが良いですよね。遠いジムを選んでしまうと行くのがめんどうになって途中でやめてしまうことが多くなってしまいます。
各ジムによって雰囲気はだいぶ変わってきます。自分が通いたいジムの雰囲気が自分に合っているのかというのは非常に大切なことです。

ストテキストテキストテキスト